0120-939-460
お問い合わせ
instagram
facebook
instagram
facebook

2019-2-10

【植田店】💴知っておきたい!奨学金制度のアレコレ🏫

【植田店】💴知っておきたい!奨学金制度のアレコレ🏫

皆さんこんにちは!保険ライコ植田店です★

受験生の方たちは1月のセンター試験も終わり、大学での入試試験を受ける頃でしょうか?

本日は、まだまだ続く受験シーズンに合わせて「奨学金」のお話について触れたいと思います。

 

そもそも大学で必要な資金はいくら?

文系か理系か、国公立か私立か、自宅通学か自宅外通学(一人暮らしかどうか)によって変わりますが、一般に入学金や授業料などで500万~1000万円ほどといわれています。

また、文系より理系が高く、医学部や薬学部は6年間なのでさらにお金がかかります。

どのコースを選んでも出費が大きいため、早いうちから準備をしておく必要がありますね。

 

奨学金を利用する人は2.7人に1人

上記のように、大学に進むためには高額な資金が必要です。

そこで、学生の多くが利用しているのが国の奨学金。「日本学生支援機構(JASSO)」です。奨学金の中では最も知られた存在で、大学生の2.7人に1人が利用しているとされています。

 

JASSOの奨学金はどんな仕組み?

大きく分けて貸与型と給付型の2種類に分かれます。

①卒業後に返済する必要がある貸与型

基本は貸与型となり、無利子の第1種と有利子の第2種があります。

それぞれ学力と家計などで基準があり、無利子の場合、学力は全科目の平均が5段階評価で3.5以上、家計は給与所得の4人世帯なら年収747万円以下です。

有利子の基準はもう少し基準が緩やかです。

【貸与額について】

無利子・・・国公立と私立、自宅通学と自宅外通学で金額が異なり、それぞれに3~5つの金額があります。

(例)国公立の自宅通学の場合

月額4.5万円、3万円、2万円の3つから選択。

有利子・・・月額2万~12万円から1万円単位の金額を選択。

※大学生1人当たりの平均貸与総額は無利子が241万円、有利子が343万円

(17年3月貸与終了者)

 

②返す必要がない給付型

給付型は新規採用が年間2万人と少なく、住民税非課税世帯の子などに限られています。

【貸与額について】

進学先、通学形態別で異なり、月額2万円、3万円、4万円から選択。

 

奨学金の返済額はどのように決まるの?

貸与総額で返す回数と金額が決まります。

以前は毎月決まった額を返す「定額返還」だけでしたが、無利子では所得に応じて額が変わる「所得連動返還」も導入されました。

有利子の利率の上限は3%ですが、最近は市中金利の低下でかなり低くなっています。

しかし、無理なく返すにはやはり借りすぎないことが一番です!

貸与月額をどうするかは、しっかりと考えたうえで決める必要があります。

 

増えてきている大学独自の奨学金

優秀な学生を集めるために最近は大学独自の奨学金の充実ぶりが目立ってきています。

増えているのは給付型で、私立大の中には1000人以上を対象にしているところも!

給付型で特に注目されているのが「予約型」と呼ばれるタイプです。

受験前に申し込み採用が決まるケースも多く、入学後のお金の心配なく受験できるメリットがあります。

また、国公立大でも最近は予約型に力を入れているところもあるようです。

 

企業の財団や自治体で実施している奨学金

企業や団体にも特色ある奨学金制度があります。

都道府県や市町村では無利子の貸与型が多く、地元での就職や定住を条件に返済の減額や免除に応じるところや、通学している高校や進学する大学を指定するなど独自に条件を設け、それに見合った学生を対象にする。などなど・・・

ただ、これらはJASSOや大学に比べると採用人数が少ないため、利用を考える場合は情報収集をこまめに行う必要がありそうです。

 

奨学金の申し込みはいつごろから?

JASSOの奨学金は高校3年時に申し込む予約採用と、大学入学後に申し込む在学採用があります。

貸与型は年間約40万人の新規利用者がおり、約30万人が予約採用です。

高校などで募集し、JASSOに推薦します。

通常募集は5~7月に行われ、10~11月に2回目を実施する高校もあります。

給付型は前半の1回だけなので注意が必要です。

 

いかがでしたでしょうか?

奨学金制度については複雑さが昔に比べると増しており、その分選択肢も増えています。大学進学に必要なお金をどのように準備するか。情報収集を早いうちから行いましょう。

 

保険ライコ植田店では大切なお子さまの教育資金について、どのように準備していけばいいのかのコツをお伝えするセミナーを実施しています🌼

気になる方はぜひ参加してみてください(#^^#)

セミナーの詳細・ご予約はコチラから→「教育資金の準備のコツセミナー

 

*・゜+.。.:*・゜ .。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

保険ライコでは、

医療保険、がん保険、生命保険、年金保険、火災保険等、
多数の保険を取り扱っております。
17社の保険会社からお客様に合ったものをご提案させて頂きます。
また相続に対するご相談や、法人様のご契約も承ります。
相談は無料です。お気軽にご相談下さいませ。
代表 TEL 0120-939-460
保険ライコ植田店 TEL 0120-770-767
保険ライコ黒川店 TEL 0120-233-335
保険ライコ守山店 TEL 0800-200-2003

*・゜+.。.:*・゜ .。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜

 

投稿者:植田店