0120-939-460
お問い合わせ
instagram
facebook
instagram
facebook

2018-1-29

【植田店】最近注目を集めている「トンチン年金」って何?

【植田店】最近注目を集めている「トンチン年金」って何?

皆さまこんにちは★

保険ライコ植田店の神田です(^^)/

 

最近は東海地方でも雪がチラつくことが多いですね⛄

風邪やインフルエンザも流行り始めているので皆さま体調管理にお気を付けください(>_<)

 

本日は、神田が日経新聞を読んでいて気になった「トンチン年金」について取り上げてみたいと思います!

現在、女性の2人に1人。男性なら4人に1人が90歳まで生きる時代になりました。

そんな時代だからこそ、長い老後生活で大きく心配になるのがお金。

特に、「年金」は若い方から高齢の方まで幅広く興味のあるワードではないかと思います。

私も年金関連のニュースがあると気になってよく目に留めたりしますが、そんな中、最近注目を集めている「トンチン年金」というものについて調べてみました★

「トンチン年金」とは?

先に死亡したり解約したりした人への支払いを抑え、その分、生きている人への年金額を厚くした年金保険のことで、長生きするほど年金の受取総額が増えて得になります。

仕組みの考案者である17世紀のイタリア人銀行家、ロレンツォ・トンティ氏にちなんで「トンチン年金」と名付けられています。

現在はまだ取り扱っている保険会社が少ないようですが、今後増えていく可能性もあるとメディアでは伝えられています。

 

トンチン年金のメリット・デメリット

■メリット

生命保険会社が取り扱うトンチン年金には、一生涯年金が受け取れる終身年金があり、公的年金の上乗せとして活用すれば、亡くなるまで毎年いくらの年金が入ってくるか予算が確定できます。

その予算の範囲内でやりくりすることで、老後の生活に安心感を得られることが大きなメリットの一つです。

たとえ認知症になっても、手続きなどが不要で定期的に入ってくるところも利点です。

 

■デメリット

トンチン年金は長生きするほど得になりますが、早くに亡くなられた場合には元本割れする可能性があります。

 

国から受け取れる≪国民年金≫≪厚生年金≫も「トンチン年金」?

実は、公的な年金も生きている間に受け取れる終身年金であり、長生きした方が得という「トンチン性」があります。

ここで知っておいていただきたい公的年金の知識の一つに「繰り下げ受給」というものがあります。

繰り下げ受給とは、もらい始める年齢を原則の65歳から遅らせる受け取り方のこと。遅く受け取ると、その分受け取れる年金額が増える仕組みです。

1カ月遅らせるごとに年金額は0.7%ずつ増え、最も遅い70歳を選べば42%多くなります。

65歳からしばらく無年金でしのぐ必要はありますが、長生きのリスクを考えたときに、この受け取り方はぜひ知っておいていただきたいものの一つです。

 

まずは公的年金を最大限に活用していただき、長生きのリスクに備えをしておきましょう!

 

●○●○●○●○ 保障確認キャンペーンのお知らせ ●○●○●○●○

ご家族を守る大切な保険について確認しておきませんか?

「どんな内容か忘れてしまった・・・」という方、

保険ライコで一緒に確認しましょう!

★こんな方にお勧めです★

✔「いつ」「どんなときに」「いくら」のお金が受け取れるかよくわからない

✔独身時代からずっと同じ保険に入っている

✔がん、心筋梗塞、脳卒中になって治療したら、今の保険で

いくら受け取れるのか知っておきたい

✔火災保険に一応加入しているが内容はよくわからない

✔住宅ローンと一緒に手続きをしたローンを補填できる

保険の内容について確認したい。

今ならご来店頂いた方全員に、かわいい生活雑貨をプレゼント♪

(2018年3月末まで)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

*・゜+.。.:*・゜ .。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*

保険ライコ植田店では

医療保険、がん保険、生命保険、年金保険、火災保険、自動車保険等、

多数の保険を取り扱っております。

17社の保険会社からお客様に合ったものをご提案させて頂きます。

また相続に対するご相談や、法人様のご契約も承ります。

ご相談は何度でも無料です。お気軽にご相談下さいませ。

フリーダイヤル 0120-770-767

*・゜+.。.:*・゜ .。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*

 

 

投稿者:植田店